[攻略]PA・テクニック関連

フロントページ フォーラム 公開フォーラム [攻略]PA・テクニック関連

このトピックには2件の返信が含まれ、1人の参加者がいます。1 年、 3 ヶ月前ふぇりす ふぇりす さんが最後の更新を行いました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #722 返信
    ふぇりす
    ふぇりす
    モデレーター

    PSO2 攻略トピック。PA・テクニック編。

    新要素考察やトリビア、こだわりにオススメなどなど。

    逆に「ここが分からない!」「◯◯ってどうすれば良いの!?」とかとか、質問を投げ込んだらきっと誰かが答えてくれます!

    #788 返信
    ふぇりす
    ふぇりす
    モデレーター

    ALUMINIUMさんによるテクニック講座(ギ・メギド編)

    以下原文コピペ

     

    it-tell閉鎖が決まり、なくなる前に何か書きたいなと思いまして、闇属性テクニックのお勧めを少しばかりしてみようかと思ったけどギ・メギドだけで力尽きた件。

    炎をいつかきっとあれるみさんがやってくれると信じています!

    ・ギ・メギド

    中級テクニック「ギ・メギド」。闇属性の座標攻撃テクニック。高い威力を持ち、照準箇所に直接攻撃を行う。チャージ時間も0.8秒と短め。
    これだけ聞けばとても強力で使わない手はないように思えるが、そこには当然余り使われないだけの理由がある。
    まず、1つ目にして最大の欠点は、発動から攻撃判定の発生までにタイムラグが存在する事だろう。これにより、動き回る相手にはまず当たらないと思ったほうがいい。
    2つ目は射程の短さ約ステップ5回分しかない。(参考:ゾンデ8回、ロック距離12回、フォイエ13回、ラ・フォイエ視界)
    この辺りの使い勝手の悪さがあまり使われない原因だろうと思う。

    しかし、良い点もある。
    まず、威力。レベル17で「1050」と高めの威力を持つ。
    次に燃費。基礎威力1000越えの中で唯一消費PP「20」
    最後にチャージ時間の短さ。基礎チャージ「0.8」秒
    デメリットの判定の遅さもゾンディールが有効な相手ならある程度カバーが効く。

    慣れない内は動きのほとんど無い相手や、ダウンしたボス用とするのがいいだろう。

    お勧めのカスタムは集中3
    チャージが0.6~0.3になり、少ない隙に多くの攻撃を入れることが出来るようになる。また、消費PPも-3される。
    デメリットは状態異常発生率の低下。状態異常付与率が36~22%まで下がる。

    タリスとの相性もいい。
    投げたタリスからの発動となるため、射程の短さをある程度補うことが出来る。
    座標攻撃テクニックなので、位置調整を余り必要とせず、タリスが苦手な人にも比較的扱い易いといえる。
    ついでに、ゾンディール使用時の安全性も確保できる。

    目の上の瘤は「ラ・グランツ」。
    挙動こそ違うが、使い所は似通っていると思う。
    威力「1180」とさらに上を行き、チャージも集中3なら同じ0.6~0.3
    消費PP30と高めだが、PPコンバート等で補うことも出来る。
    高火力テクニックとしてはどうしてもラ・グランツに一歩譲る。

    ギ・メギドの利点は、デメリットのあるPPコンバートを使わずとも連射が効く事と、タリス使用時に位置調整が余り必要ないことだろう。
    ただし、ゾンディールが有効な相手には位置調整のメリットは無くなるだろうと思う。

    DPSが高いのがラ・グランツ、DPPならギ・メギドが勝る。
    まあ、全ての状況を1つのテクニック対応せず使い分ける事が重要であるが。

    最後に、高威力テクニックの未カスタム数値比較をして終わります。ただし、挙動やカスタムによる変化等もあり、実際には数値だけで計れるものではありません。

    比較(レベル17・未カスタム)
    ギ・メギド 威力:1050 消費:20 チャージ:0.8秒
    ラ・グランツ 威力:1180 消費:30 チャージ:1秒
    ラ・メギド 威力:1176 消費:25 チャージ:1秒
    ナ・メギド 威力:3271 消費:60 チャージ:5秒(魔方陣展開開始まで0.55秒)
    ナ・フォイエ 威力:720 消費:35 チャージ:1秒
    イル・フォイエ 威力:1737 消費:50 チャージ:3秒
    イル・バータ 威力:1251 消費:25 チャージ1秒(威力は7発平均、端数は四捨五入)
    ナ・ザン 威力:906 消費:16 チャージ:1秒

    #789 返信
    ふぇりす
    ふぇりす
    モデレーター

    あれるみさんによるテクニック講座(サ・フォイエ、ナ・フォイエ編)

    以下原文コピペ

     

    ・サフォイエ

    見たまんま近距離用炎テクニック。右から左にかけてエフェクトが見えるが実際は正面からのあたり判定のため、例えばキュクロナーダの弱点に当てようとした場合は密着しないと腕に当たって(´・ω・`)となった貴兄の方々もいると思われます。
    タリス投擲状態だと360度どの方向にも動くのでアムドTAの龍族が初めて出る広間で「龍族の頭上高めにタリス投擲→ゾンディール→上方向サフォ」とすることでエルアーダを安全に処理することが可能。
    投擲していない場合は水平に発射するため、コアをロックできない敵(ソルダ系とか)に対して肩越しを使わずに当てに行くことができるので肩越しが苦手な人にもおすすめです。(ジャンプで高さ位置合わせてね!)
    発射後最速でミラージュエスケープをするとチャージ時の3ヒットが2ヒットに減るため注意。

    ・ナフォイエ

    着弾した地面に炎をまき散らすという代名詞で登場したものの、直接ぶつけたダメージのほうが高いためむやみに地面を燃やすと「こいつ、またナフォ外しやがった…」と思われることが多いので気をつけられたい。
    弾速が遅いため基本的には目の前で直当てしていくスタイルになるが、敵のダウン中やラザンからのコンボとして中距離ホールインワンを狙っていくことも頭の片隅に覚えておくと手段が広がります。まぁ、私だったらその場合イルフォ撃ちますけどね(
    直当てした場合も敵が密着していれば複数ヒットするため「ゾンディール→ナフォ」で一網打尽にしつつオーバーキルでPBゲージを回収していけます。
    あたり判定が持続するためリスポーンキルが可能。フォイエやラフォで1確殺できない場合に使用していくと幸せになれます。アムドTA最初にいるガウォンダとかね!
    また、タリス投擲状態の場合ナフォは真下に落ちるため「ゾンディール→ナフォ」コンボが地形と敵の位置により直撃せず炎をまき散らして( ゜Д゜)となる場合があり注意されたい。
    なお、タリサーはガロンゴにめり込むようにしてタリスを当てた後、ガロンゴが立ってる状態にもかかわらず腹ナフォ1確を決めることができるため、タリスと相性が悪いとは言い切れないところ

    ・両方近距離用だけどどっち使う?

    火力カスタムを考えても火力はナフォのほうがちょっと上、燃費はサフォイエに軍配が上がります。
    ナフォは1発1ヒットに対してサフォは1発3ヒットのため硬い敵に対する複合ゲージ回収率はサフォのほうが◯
    対雑魚でのPBゲージ回収という点では、サフォは1ヒットや2ヒットの時点で敵が死ぬ場合もあるためナフォのほうが安定して回収することができます。
    なので個人的には対雑魚ゾンディールはナフォ、対ボスはサフォと使い分けると「ちょっとあの子イケテルじゃない!」感を醸し出すことができるかもしれません。
    あとは上記の挙動特性から当てやすいほうを使い分けるとよいでしょう。
    ラグラ?ナバータ? (∩ ゚д゚)アーアーきこえなーい
     
    さぁみんなもレッツ近接テクニック!

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: [攻略]PA・テクニック関連
あなたの情報:




1 + 3 =